333円 パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入) WV8400 DIY・工具・ガーデン 電設 スイッチカバー・プレート transroad.com.ua,/esodic633663.html,パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入),WV8400,333円,DIY・工具・ガーデン , 電設 , スイッチカバー・プレート transroad.com.ua,/esodic633663.html,パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入),WV8400,333円,DIY・工具・ガーデン , 電設 , スイッチカバー・プレート 333円 パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入) WV8400 DIY・工具・ガーデン 電設 スイッチカバー・プレート パナソニック Panasonic 休日  プレートはずし器 1袋2本入 WV8400 パナソニック Panasonic 休日  プレートはずし器 1袋2本入 WV8400

パナソニック Panasonic 休日  プレートはずし器 1袋2本入 正規品 WV8400

パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入) WV8400

333円

パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入) WV8400

商品の説明

●プレートはずしキー
●1袋2本入り
●プレートカバー配線器具の化粧ハンドル・カバーはずしに。絶縁枠の器具はずしに。フル端子の電線はずし釦の解除に。

パナソニック(Panasonic) プレートはずし器(1袋2本入) WV8400

しようが…。そうですねえ…。持ち手部分がラバー素材ならもっと良いかなあと…。あれ?他でも書いたなあこのコメ…。
1個販売にして、もう少し安く買えたら良かったです。そんなにしょっちゅう着け外しをするものでもないし、押し込むだけのものなので消耗しそうもありません…。
マイナスドライバーでやるより簡単に電気線を抜く事ができます。
電灯スイッチなどの電線を抜くときはマイナスドライバーでこじるのが正規手順と思っていましたが、このツールを使って初めて、あの穴がもっと奥まで開いていて、薄いor細いものであれば奥まで差し込め、手で押さえていなくても電線が抜けることがわかりました。このツール以外で同じ様に差し込めたのは精密ドライバーのマイナス・1.3ミリ径でしたので、普通のマイナスドライバーでは分厚すぎて奥まで入らないはずです。このツール、ホームセンター等では見たことが無いように思いますし、カタログでも見た記憶が無いです。今回見かけて気になって調べたのでわかりましたが、もう少しうまく周知頂けるとよかったと感じています。

プロフィール

Author:川島隆一
1952年5月20日生
群馬県出身
教団小岩教会牧師


最新記事


月別アーカイブ


マルコ13:1-13、ロマ5:1-5、申命記8:1-5
讃美歌 こども120

「先生、御覧ください。なんとすばらしい石、なんとすばらしい建物でしょうか。」イエスは言われた。「これらの大きな建物を見ているのか。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」(マルコ13:1−2)

続きを読む »

詩編22:23-32、マルコ15:33-39、フィリピ2:6-11
讃美歌 519

命に溢れてこの地に住む者はことごとく主にひれ伏し
塵に下った者もすべて御前に身を屈めます。
                (詩編22:30)

続きを読む »

「大転換」

マルコ12:41-44、使徒言行録6:1-7、Ⅰ列王17:8-16
讃美歌 532

イエスは、弟子たちを呼び寄せて言われた。「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。皆は有り余る中から入れたが、この人は、乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたからである。」(マルコ13:43−44)

続きを読む »

「身の丈を超える罪」

タイ23:29-36、ロマ3:21-26、エゼキエル18:1-4
讃美歌 517

正しい人アベルの血から、あなたたちが聖所と祭壇の間で殺したバラキの子ゼカルヤの血に至るまで、地上に流された正しい人の血はすべて、あなたたちにふりかかってくる。(マタイ23:35−36)

続きを読む »

マタイ23:25-28、Ⅰペトロ2:3-10、詩編51:3-11
讃美歌 508

律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死者の骨やあらゆる汚れで満ちている。内側をきれいにせよ。そうすれば、外側もきれいになる。(マタイ23:27、26)

続きを読む »

 | ホーム |  前のページ»»